DSCN5553

シンプリーオーガニックの調味料が大活躍する簡単ピクルスレシピ。野菜が足りない時や、おかずが足りない時の強い味方。彩りもよくなるし、きちんと野菜の栄養もとれるので、常備しておくと安心です。また長期保存できるのも嬉しいところ。しょっちゅう作っています。

材料

【長期保存もオッケーなおかずの一品増しに最適な、まろやかピクルス】

お好みの野菜

今回は

にんじん  1本

ピーマン  小さめ2個

パプリカ  黄と赤を1/2個ずつ

きゅうり  1本

紫たまねぎ 1/2

で作りました。カリフラワーやミニトマト、セロリやオクラなど色々な野菜をいれてても美味しいです。

【ピクルス液】

酢※           250ml 米酢だとまろやか。

水         1カップ 酸味が強すぎないように水を使ってますが、気にならない方は酢にかえても。

ココナッツシュガー 大さじ4〜5 白砂糖よりもコクがあってうまい。

塩         小さじ1〜2

ブラックペッパー  少々 ピリっとするのが好きな方は多めで。

レッドペッパー   2本分くらい 辛いのが苦手なかたは減らしてください。

ローリエ      2枚

ガーリックパウダー 少々

私は使いましたが以下はお好みで

クミン       少々

ディル       少々

酢の半分をワインビネガーにしたり、白ワインもちょっと追加したりなどアレンジ無限大です。白ワインをいれる時は水の分量を減らして下さい。

作り方

1、野菜を切る。保存容器の大きさに合わせてきってください。私のように長細いビンを使用する場合は、容器にあわせてスティック型にすると、取り出しやすいです。

2、鍋に湯をわかし、にんじんなど固い野菜はさっと茹でて、ざるにあげて冷ます。(茹でる訳ではないので、ごく短時間で。また、余裕がある時はざるにあげて冷ます時間を長めにとると美味しいです)

3、ピクルス液を作ります。鍋にピクルス液の材料をいれて火にかけます。あまり沸騰させすぎないように、砂糖が溶けたら火をとめて、じっくり冷まします。味をみて、スパイスの調整をしてください。

4、保存容器に、野菜とピクルス液をいれて冷蔵庫にて保存してください。

数時間たてば食べれるようになりますが、一週間くらいおくととても美味しい。

ポイント

ピクルス液が熱いまま野菜をつけ込むと、私のピクルスのようにきゅうりの色がちょっと悪くなったりしますが、野菜に味がしみこみやすいです。時間に余裕があったら冷ますのもオススメ。

また、保存容器は煮沸消毒し、ピクルスを取り出す際に清潔な箸を使うことで長期間保存(一ヶ月ほど)できます。

ピクルス液を煮だして作ると、長期保存にむくほか、まろやかな味になりますよ。

DSCN5563

夏場には、大量に作ってお店で売っていただいています。

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr