おしゃれなパセリのパスタレシピ

シンプリーオーガニックのパセリパウダーがあれば、簡単に作れるパセリパスタ。ソース作りに火を全く使わない超簡単レシピです。というかレシピという言葉を使ってしまってすみませんレベル。

材料

【美肌とデトックスな簡単パセリのジェノベーゼ風パスタ おおよそ二人分】

パスタ(あればリングイネ)     200g弱

シンプリーオーガニックのパセリ   大さじ4〜お好みで

桜えび               大さじ2くらい)

ガーリックゴールドのオリーブオイル 大さじ1、主にソース用)

オリーブオイル           少々(パスタ茹でる用、もったいないのでガーリックゴールド以外を使用)

塩                 少々(パスタ用に大さじ1、ソースにはお好みで)

しょうゆ              小さじ1以下

付け合わせの野菜          少々

作り方

1、たっぷりのお湯をゆでる。およそ200gのパスタを茹でるため、お湯は2リットルは欲しいところ。

2、沸騰したら、塩を大さじ1強いれ、その後にオリーブオイルを少々いれる。そしたパスタを投入!パラパラーっと広がるように鍋にいれてください。(パスタの茹で時間は、袋に記載されてる通りでOK)

3、茹でている間に、桜えびを粗みじん切りしたものとパセリパウダーをボウルに入れてまぜる。そこにガーリックゴールドのオリーブオイル少々を入れ、しょうゆ少々、お好みで塩こしょうやバターも入れてソースを作る。火は使いません。

今回はいれませんでしたが、ジュノベーゼソースはくるみや松の実が入っているので、あればミキサーに一緒にいれて撹拌すると楽チン。

(ガーリックゴールドのオリーブオイルがない場合はにんにくをみじんきりにして、フライパンの中で弱火で3の作業をしてください。)

4、袋に記載されてる通りにパスタを茹で終わったら、軽く水気をきってボウルの中へ、その後3も投入し、からませる。茹で汁がちょいとついていた方が美味しいです。

5、パスタの分量に対してソースがいきわたっていたら、お皿に持って、付け合わせの野菜を彩りよく飾る。パセラーは仕上げに更にパセリをふってください。ソースが足りないようなら、随時桜えびとパセリを刻んでいれる。

おしまい。レシピというにはおこがましいですが、備忘録に。

 

ちなみに、このパスタを食べた後は、なぜだかトイレが近くなるというデトックス効果があります。

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr