DSCN9507

2015年も残すところあと少し!もう終えてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、大掃除の季節到来です。大掃除というイベントは日本独特のもののようです。掃除するのにベストシーズンとは思えないけれど、やっぱりお正月はピッカピカのお家で気持ちをリフレッシュしたい。そしてしばらく家事はしたくない。そんなモノグサ人間です。

され、去年度の大掃除アイテムに加え、今年もいくつか新入りを迎え入れてみたので紹介したいと思います。

去年度の大掃除記事はこちらをどうぞ。

磨き上げる、ポリッシュ系お掃除。

DSCN9508

左から、TWISTのスポンジ

TWISTはスポンジを色々と出していて、どれも優秀!まだ一つもレビューしていないのでが、我が家の定番スポンジです。写真では新品が写っていますが、実際はもっと年忌の入ったスポンジを掃除用におろしています。かなり丈夫です。

真ん中は、BAR KEEPERS FRIENDのクリーナー&ポリッシュ。ステンレスやセラミック、磁器や銅、タイルなどをピッカピカに磨き上げるパウダーです。普段、ちゃんとお手入れしていてもいつの間にか曇っている鍋などの調理器具や、キッチン周りのカウンターや蛇口、タイル周りを、まるで新品のような輝きに戻してくれます。

いつか使ってみたいあこがれの銅製の鍋のお手入れにも使えるし、普段ヘビーユースしているステンレス製の鍋にも使えます。キッチン周り以外では、バスルームやベランダにも使えるし、自転車やバーベキューコンロのクリーニングにも使用できるパフォーマンス能力の高さ!そして安い!

一番右がエコベールのクリームスクラブ。歯磨き粉の研磨剤として使用される事もある炭酸カルシウムや赤ちゃんの洗顔料にも入っているココナッツ由来の洗浄液などを基本とした肌にも優しいスクラブ剤です。素手で掃除しても平気なのが嬉しいです。キッチン周りのシンクやカウンター、タイルの汚れをこれで掃除した後に、上のバーキーパーズのポリッシュで磨くという順番です。

床やファブリックの汚れを落とす系お掃除。

DSCN9518

一番左が、アースフレンドリーのオクソブライト。酵素系漂白剤なので基本的にはお洗濯に使用していますが、洗濯機本体のクリーニングにも使用できます。また、洗濯できないカーペットなどの大物ファブリックの洗浄にも向いています。洗濯機の掃除に使う場合はお湯を使うとスッキリ度がアップします。また、オクソブライトを水で薄めてスプレーボトルにいれておくとドアノブや冷蔵庫の取っ手部分などのすぐ汚れてしまう部分の掃除に便利です。

左から二番目、バイオクリーンのBAC-OUT。上のオクソブライトと同じようにファブリックの汚れ落としに使えます。ワインの汚れやおむつの洗濯に使えるという事なのですが、我が家ではもっぱらペットアクシデントに使用しています。掃除したい面を濡らしてバクアウトを湿布し5分以上置いておきます。植物ベースの洗浄剤なので、素肌にふれる部分も手足をなめてしまう動物が触れる部分にも安心して使えます。臭い除去にはかなり効果があります。

右から二番目、メソッドのフロアクリーナー。ウッドフロアバージョンの方になります。これは大掃除というよりは普段のお掃除に大活躍しています。なんせ見た目が良いのでしまい込む必要がなく、すぐ掃除できるというモノグサ目線からも優秀です。笑。以前にレビューした同じくメソッドのハードフロアータイプのクリーナーのレビューはこちらです。

一番右がグリーンシールドのバスルームクリーナー。酵素やクエン酸、リンゴ酸をベースにした洗浄剤で、バスルーム以外にもトイレやシンクなどハードな素材のものに向いている洗浄液です。写真では伝わりにくいですがかなり大きいのでたっぷり使用できます。ただ、香りは賛否両論ですね。無香料ではないので、香料を避けたい方には向いていないかもしれません。大容量で安いというのが最大のポイントです。

また、写真集合に入れ忘れてしまったNaturally it’s cleanの床クリーナー。

DSCN7834

先に紹介したメソッドのものより大掃除っぽい床クリーナーです。植物ベースの洗浄剤とは思えぬ洗浄力。とれかけのワックスくらいならスッキリ落としてくれます。ただ、掃除直後は床がちょっと滑りやすくなるのが難点。冬のモコモコルームスリッパなどの素材だと滑り止めがついていないと、ちょっと危ないです!笑。なので普段仕様というよりも、ちょっと気合いの入った掃除に使用しています。

空気をキレイにする系お掃除。

DSCN9511

掃除をしたあとの清々しい空気をとどめるために、最後は空気のお掃除。

左がアティチュードの据え置きタイプの消臭剤。活性炭とエッセンシャルオイルの消臭剤です。料理や動物、煙以外にも化学薬品や塗料の臭いを吸収し抑えてくれます。消臭の窓は、ブラインドみたいに開け閉めができるのですが臭いや置く場所によって、広げたり狭くしたり調整ができます。

右が同じくアティチュードのファブリックリフレッシャー。こちらはスプレータイプです。無香料タイプなので大掃除にも普段使いにも出来ます。あまりに臭いの強い所だと、無香料タイプだとちょっと弱いかもしれませんが大掃除後の仕上げのスプレーとして清々しく使えます。木面には使用不可です。

良ければ、去年度の大掃除記事も参考にしていただければ幸いです。皆さんの大掃除に幸あれ!


 

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr