DSCN7207

いまや、アメリカでは牛乳より豆乳より売上高が高いというアーモンドミルク。アーモンドをしぼった豆乳のような味の飲みものです。アーモンドだからビタミンEをはじめ食物繊維や必須アミノ酸がつまってます!なのに、コレステロールが0で、牛乳や豆乳の半分以下のカロリー!

代替品というにはもったいない、主役級の飲みものです。

Tree of Life, Original Almond Beverage, Unsweetened, 32 fl oz (946 ml)

ツリーオブライフ、オリジナルアーモンドビバレッジ、無糖

ツリーオブライフ、アーモンドミルクまとめ

1、低カロリーでコレステロールがゼロ!

2、アメリカでは、豆乳や牛乳より売上高が高いのがアーモンドミルク

3、豊富なビタミンEに加え、マルチビタミンサプリの様な豊富でワイドな栄養たっぷり

4、乳糖や大豆、小麦が含まれていないのでアレルギーがある方にオススメ

アーモンドミルクって何でしょう?

アメリカでは豆乳、はたまた牛乳をしのぐシェアになっているといわれているのが、アーモンドミルク!日本には2014年に上陸し、これからじわじわとシェアを伸ばしていくのではないかと予測されています。

アーモンドミルクとは、”アーモンドを水に浸したミキサーなどで砕き、水を加えてガーゼなどでかすを漉したもの”です。

ミルクという名前ながら、牛乳のように乳糖およびコレステロールを含んでいないため、乳糖不耐症の人やアレルギー持ちの方も安心して飲める、牛乳の代替品として注目の飲料です

私もそうなんですが、実は”乳糖不耐症”の人って、実は白人よりも黄色人種に多いんです。(アジア人の95%は乳糖不耐症です)

牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロいったり、お腹を下したりするアレは乳糖不耐症の症状。乳糖の分解酵素が先天的に欠乏あるいは少ないために、乳糖を消化・吸収されずに大腸に到達し、このような症状が起きてしまいます。

アレルギーではないので危険性はありませんが、やっぱり牛乳は避けたいなぁ。小学校の時に、牛乳が飲めない事が辛かったなぁ・・・と、つい思い返してしまいますね。

今ではアレルギーの方もいるし、牛乳を飲まなくてもよいという学校もあるみたい。大変な事だとは思いますが、是非学校側には選択肢を増やしてあげてほしいです。

そんな、アレルギーや乳糖不耐症の人の”単なる牛乳の代替品”としてだけではなく、アーモンドミルクはダイエット中や美容に関心の高い方、コレステロールや健康を気にする方にもとってもオススメの飲みものなんです。代替品なんてもったいない、それ以上です!

アーモンドミルクをオススメする一番の理由、それは栄養素がずば抜けている!!というところ。詳しくは次項にて書きます。

まずは、こちらが今回のレビューしているツリーオブライフのアーモンドミルクの様子。

DSCN7190

パッケージ上部からのショットです。日本の豆乳と同じようなパッケージですね。

DSCN7191

開封の蓋をあけるとシールがあるので、それをやぶって注ぎます。飲む前には、よくふってくださいね。

アーモンドミルクの素晴らしい栄養について。

アーモンドミルクが豆乳や牛乳を凌駕する勢いでシェアが広がっている理由は、まずその豊富な栄養分!そして安全性にあるでしょう。

”アーモンド食べてたら美人になると聞きまして”というレビュー記事にも書きましたが、アーモンドはサプリ並の栄養がぎっしり詰まっているのです。ただ、難点は食べ過ぎると脂肪が気になる・・・。そんなアーモンドから出来たアーモンドミルクは、なんと

コレステロールが0で、カロリーが低い!

まず、アーモンドミルクにはコレステロールが全く含まれていません!(参考までに比較対象として牛乳は100mlあたり12mg)

そして、カロリーはコップ一杯でおよそ40kcal。(牛乳:134kcal 豆乳100kcal)

牛乳はおろか、豆乳の半分以下のカロリーです。

コレステロールフリー及び圧倒的に低カロリーなのは、アーモンドミルクは植物性脂肪だから。牛乳は言わずもがな動物性脂肪。豆乳はなぜ高いんだろう?でもサポニンが入っているから、ダイエット及び美容には良いものですよね。私は豆乳も大好きです。飲み過ぎはいけないけど。

アーモンドミリクは、ただのコレステロールフリー食品ではありません。悪玉コレステロール(LDL)を抑制する力もあるんです。これは、オレイン酸という不飽和脂肪酸のオイルの力です。

高血圧な方、コレステロールが高い方は乳製品を控えるようにされていると思いますが、そんな方にこそアーモンドミルク!な訳なんです。

そして、侮れないのが抗酸化力。

アーモンドには豊富な天然のビタミンEが含まれています。ビタミンEといえば、iherbの取り扱うスキンケアアイテムにも沢山入っている抗酸化力の高いビタミン。老化や生活ストレスによって、どんどん錆びていく体(=酸化)に対抗するのが抗酸化力。

昨今大ブレイク中のココナッツオイルも抗酸化力が高い錆とり食品として有名です。アンチエイジングにはもってこいの飲みものです。

マルチビタミン飲料と呼ばれる所以

ビタミンEの他にも、豊富なビタミンやミネラルがアーモンドミルクには含まれています。列挙していくと、葉酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミンB6、ビタミンB2、食物繊維、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、セレン、必須アミノ酸などなど・・・。

もはやマルチビタミンサプリです。食品でこれだけの量を摂取しようとしたら沢山のカロリーも摂取してしまいますが、アーモンドミルクならカロリーが低い。

安全性

先ほども書きましたが、牛乳はアレルギーや乳糖不耐症の方には辛い飲みもの。牛乳の安全性は是も非もあり論争が繰り広げられていますが、いったん置いといて。

豆乳の原料である豆、日本では遺伝子組み換えではない大豆が基本なので、あまり心配もいりませんが、アメリカでは豆乳の大豆の遺伝子組み換えの危険性を考慮する方々もいるため、アーモンドミルクの安全性が際立っているのだと思います。

アーモンドミルクには、乳糖や大豆、小麦などの代表的なアレルゲンが一切含まれていないため、アレルギーがあって食事制限をされている方にも取り入れやすいです。

美容にダイエットに、アレルギー制約に、コレステロール低下に、栄養摂取に全方位にいいとこ取りな飲みもの。八方美人すぎる!

DSCN7210

ツリーオブライフのアーモンドミルクは、無糖。味わいは、無調整豆乳とも似ている味です。まろやかな口当たりが特徴です。コクがあって、後味はサッパリ。

アメリカでは、チョコ味のアーモンドミルクがあったり、アーモンドミルクにはちみつなどを加えて飲んだりされる方も多いです。わりと、色んな物を加えても合うような度量の大きい味です。元々に変な甘みがないというのも良いところ。

ナッツ類が好きな方であれば問題ないと思いますが、アーモンドをしぼっているのでアーモンドの風味やオイルを感じます。

飲みものとして飲むのでも、スムージーや紅茶、コーヒーに加えてよりクリーミーな味わいにしたり、シリアルやグラノーラのお供には勿論、料理やパン・お菓子作りにも活躍するアーモンドミルクです。

コレステロールゼロで、カロリーも低く、食物繊維とオレイン酸の力で、ダイエットや美容にも最適です。

普段よく飲む飲料を変えてみる、というのは体調の変化が分かりやすいと思います。特にサプリを飲むのがダメな方には、是非試してほしいです。

飲み方と成分

■飲み方

よく振ってからお飲みください。開封後は、冷蔵庫にて保管し7−10日のうちに飲みきってください。

■成分

アーモンドミルク(ろ過水、アーモンド)、リン酸三カルシウム、海塩、ゲランガム、リン酸水素二カリウム、レシチン、ビタミンA、パルミチン酸、ビタミンD2、ビタミンE

■注意事項

乳幼児用ではありません。アーモンドを含んでいますのでアレルギーをお持ちの方は注意が必要。

TRE-05001-3

Tree of Life, Original Almond Beverage, Unsweetened, 32 fl oz (946 ml)

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr