DSCN6220

ヘーゼルナッツが入った優しい甘さのミルクチョコは、まるであのイタリアのチョコ菓子”ロシェ”の様!ロシェ好きには勿論オススメですが、甘いチョコラバーの方にも満足できるチョコです。美味しいっ!

チョコラブは夏場は溶けてしまうので輸入できないので、気温の涼しい今がチャンス!輸入できる時期は、10月1日〜6月14日までです。

チョコラブ一覧はこちらでどうぞ。

Chocolove, Hazelnuts in Milk Chocolate, 3.2 oz (90 g)

チョコラブ、ヘーゼルナッツインミルクチョコレート

チョコラブ ヘーゼルナッツinミルキチョコまとめ

1、この味、こいつはロシェや!

2、ヘーゼルナッツがごろごろさくさくで美味しい

3、ベルギーチョコが濃厚で甘い

4、ヘーゼルとミルクチョコがまざると、キャラメルのような口当たりに変身!

チョコラブ チェリー&アーモンドまとめ

クリーミーなベルギーのミルクチョコレートに、オレゴンのローストされたヘーゼルナッツがごろごろ入っているチョコです。

まるでキャラメルのような、まろやかな味。そのあとにヘーゼルナッツがさくさくっと口の中にあらわれて、食感が楽しいチョコ。アーモンドチョコよりしっとりで、この味・・・はて、どこかで?あ、ロシェだ!!!

日本でも大人気のイタリアのロシェにすごく似ています。 わたし、ロシェが大好きで大好きで学生時代に”ロシェにきび”をこしらえるほど食べていました。ここ10年ほど食べてなかったのですが、このヘーゼルナッツのチョコラブを食べた時に、夫が「あ、これなんかイタリアのチョコ、丸い奴と似てる」といってて、思い出しました。

そりゃ、好きなはずだわ!と納得。とても濃厚でヘーゼルナッツが美味しいの。

ロシェとの違いは、チョコラブの方がずーっとシンプルに出来ているところ。

ロシェの原料は以下の通り。

砂糖、ヘーゼルナッツ(28.5%)、植物油脂、ココアバター、カカオマス、小麦粉、ホエイパウダー(乳製品)、脱脂粉乳、ココアパウダー(ココアバター10%〜12%)、バターオイル、食塩、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料

一方、チョコラブのヘーゼルナッツは以下の通り。

ミルクチョコレート(砂糖、ミルク、ココアリカー、カカオバター、大豆レシチン、バニラ)ヘーゼルナッツ。

むっちゃシンプルです。

シンプルな原材料の方が好きなので、ロシェ食べたくなったら、こっち選んでしまいそう。

DSCN6223

表はこんな感じです。優しい色合いのミルクチョコレートです。カカオの含有量は33%。

DSCN6222

裏をみると、やはりゴロゴロナッツのお目見えです。砕いたヘーゼルナッツが入っているのですが、大きさが規則的ではないので、大小の食感に違いがあって、それもまた美味しい!

DSCN6224

ブロックごとにわけても、どのピースにもヘーゼルナッツが入っています!ヘーゼラーさんにはたまりませんのう。

豆乳とか紅茶に合わせて食べたい感じです。チョコラブの中でも結構甘いです。洋チョコ好きな方の方が好きかもしれません。

パッケージデザインはこちらです。

DSCN6226

チョコラブのパッケージは、外国の手紙のようなパッケージです。実にクラシカルでかわいいです。

ヘーゼルナッツの切手にはもちろんヘーゼルナッツがいます。ベルジャンチョコレートの消印が押してあります。

DSCN6227

 

パッケージの裏面には愛のポエムがあります。要チェック!

原材料

ミルクチョコレート(砂糖、ミルク、ココアリカー、カカオバター、大豆レシチン、バニラ)ヘーゼルナッツ。

他のナッツ類が含まれる場合もあるかもしれません。

LOV-00132-0

 

Chocolove, Hazelnuts in Milk Chocolate, 3.2 oz (90 g)

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr