DSCN0728

見た目が可愛すぎてパケ買いする人が続出しているネリーズオールナチュラルのオキシゲンブライター、酵素系漂白剤のレビューになります。塩素系ではアレルギーや服が傷むのが心配な方、重曹では汚れ落ちや時間がかかる事が気にかかる方にぴったりの、ちょうど良いナチュラル感でお洗濯やお掃除を楽にしてくれます。

もちろん使用後はこの可愛すぎるブリキ缶を再利用しましょう!

Nellie’s All-Natural, Oxygen Brightener, Powder, 2 lbs (900 g)

ネリーズオールナチュラル、酵素漂白剤

ネリーズオールナチュラルのオキシゲンブライターまとめ

1、酵素系漂白剤なので、色柄もの・白物・アレルギーのある方にも安心

2、洗濯機ただ入れるだけでOK!つけ置き洗いにも使えます。

3、セスキや重曹では落ちない汚れや時短したいナチュラル派にオススメ

4、洗濯以外のお掃除にも使えます。

5、相変わらずここのデザインは秀逸。贈り物にもぴったり!

見た目も中身もこだわりアリ!なネリーズオールナチュラル

洗濯洗剤では汚れが落ちない時に頼れる相棒である漂白剤。汚れを分解して落とすので、お洗濯のきになる生乾きに臭いもスッキリ落としてくれます。

私が最近愛用しているのが過炭酸ナトリウムをメインにすえたいわゆる”酵素系漂白剤”であるネリーズナチュラルのオキシゲンブライターパウダー。真っ白なサラサラの漂白剤は、色柄モノにも白物にも使えます

 

塩素系などの漂白剤もありますが環境や人体への負荷を考えると、ナチュラルお洗濯では断然オススメなのは”酵素系”です。

セスキや重曹をお洗濯に使用している方もいらっしゃると思いますが、酵素系漂白剤だとつけ置き洗いの放置時間が短く汚れを落とす力も強いので、家事の時間を短くしたい方にもオススメですよ。

酵素系の詳しい説明は次の項に譲るとして、まずはネリーズナチュラルの目をひくこのパッケージデザインから紹介です。

DSCN0728

ネリーさん、漂白剤のおかげ?で白く輝くタオルが眩しすぎてサングラスかけちゃってますね・・・笑。アメリカンレトロなデザインとブリキの缶の相性がよく、パッケージ買いする方もとても多いブランドです。

我が家でも使い終わったら別の用途に使っています。丈夫ですよ!

DSCN0732

サングラスネリーさんのフタを開けると、袋に包まれた酵素系漂白剤と青い付属のスプーンが入っています。洗濯機での使用の場合は、このスプーンを大さじ1〜3杯ほどを洗濯物の量や汚れに合わせて加減し、洗濯機の漂白剤入れに投入します。

日本の漂白剤と同じ使い方でもちろんOK!冬場の冷水でもとけ残りせず使いやすいところも○

DSCN0733

漂白剤は粉末です。ネリーズナチュラルでは液体の洗濯洗剤を採用しないというこだわりがあり、それは液体洗剤だと原材料の構成が50%は水になってしまうから。水を取ってきて水を売ればネリーも儲かりますが、的なことも表記されていました。笑。

粉末だけにすることで、省スペースを叶えるというのが目的です。ネリーズナチュラルには漂白剤以外にも洗濯洗剤もありますがいずれも粉末や固めたナゲット状のものだけです。

酵素系漂白剤がオススメな理由と使い方について

日本のメジャーどころである”ハイター”は塩素系の漂白剤です。よくパッケージに混ぜるな危険とか書いてあるやつですね。(酸性のものと一緒にすると塩素ガスが出てきてしまうので混ぜないように表記してあります)この塩素系の漂白剤が強力なのは使用したことがある方はご存知だと思います。

塩素系は、基本的に白物にしか使えないということと、衣類の繊維を傷めやすいということから敬遠される方もいらっしゃると思います。私はアレルギーがあるので塩素系のものを使うと喘息が出てしまう&体調が悪いと皮膚にもアレルギーが出てしまうため酵素系の漂白剤を選ぶようにしています。

疾患を持っていない方でも、赤ちゃんの肌に触れるものは優しいものでいたいと酵素系を選ばれる方も増えています。このネリーさんの漂白剤を出産のお祝いや内祝いにしている方もいてステキなアイデアだなー!と思います。

DSCN0729

ネリーズオールナチュラルの漂白剤の原材料は、炭酸ナトリウム、過炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウム、第一級直鎖アルコールエトキシレートで、弱アルアリ性。

DSCN0731

使い方は、洗濯機であれば付属のスプーンを使用して汚れや洗濯物の量に合わせて漂白剤入れに投入するだけ。普通のお洗濯のやり方と同じで構いません。

○少ない洗濯物の量ー大さじ1杯

○通常の洗濯物の量ー大さじ2杯

○多い洗濯物の量・汚れがひどい場合ー大さじ3杯

を使用するとありますが、私は大さじ1杯を毎回使用しています。大さじ1で心もとない汚れが強い場合はつけ置き洗いをした方が節約になるし!

DSCN0730

塩素系では繊維の傷みが心配ですが、酵素系だとつけ置きとも相性が抜群に良いです。塩素系では使えないポリエステル素材にも使用できます。

特に粉末の酵素系漂白剤は白物を漂白するのに向いているので、タオルやふきん、ベビー関連のファブリックや、布ナプキンなどにオススメです。※草木染めのもの・毛・シルクには使用できません。

つけ置き洗いの場合は、色柄モノと白い洗濯物を分けて、大さじ1杯の漂白剤を10リットルのぬるま湯や熱湯で溶かしてつけます。洗濯物を30分ほど浸け置きした後によくゆすいでください。

時間を多く置きすぎてしまったこともありますが繊維の傷みもないので安心です。一番ひどい汚れではコーヒーをこぼしたものを慌ててバスタオルで拭きとったのですが、スッキリ落ちてくれました。

また、500mlの水に大さじ1杯の漂白剤を溶かした希釈液を作ることで洗濯以外のお掃除もできます。バスルームや洗面タイル、カウンタートップからトイレまで、水洗いできるところであればOK。ステンレス以外の金属には使えないので、そこだけ注意が必要です。

洗濯機本体やバスタブのお掃除に使用することもできます。その場合はぬるま湯を使用するとより汚れ落ちが実感できます。

使用できる素材が多いので、食器などの漂白にも使えます。ベビー用の食器はもちろんのこと口に触れるものであれば安心できる原材料のものが良いですよね。コップの茶渋やガラスの水垢もたまーにこの漂白剤でつけ置きしておけばキレイなままです。

弱アルカリ性ではあるものの、アルカリには脱脂する力があるのでお肌が弱いかたはお掃除の際は手袋をされると良いと思います。私は素手でつけ置きもお掃除もしていますが。笑。

ネリーズナチュラルをライン使い!

Nellie’s All-Naturalには漂白剤以外にもお洗濯・食器洗いに使えるハウスホールド品が揃っています。一覧はこちらでどうぞ。

DSCN4477

まずは人気のランドリーソーダ。重曹系の洗濯洗剤になります。1.5kgの大きめのブリキ缶のサイズにずっしり粉末が入っています。標準の使い方で100回使用できます。

漂白剤と一緒に使って、ナチュラルお洗濯を実現!パッケージデザインがとても可愛いの使い終わった後もとって置いて別の容器に使っています。漂白剤と洗濯洗剤が並んでいる様子はとてもカワイイ!レビューはこちらでどうぞ。

粉末ではないナゲットタイプ(固形)もあります。袋に入った36回分缶入りの50回分があります。

DSCN9658DSCN9660

乾燥機使いの方に絶対にオススメなのが、ドライヤーボール。日々酷使していますが未だレビューを書いておりません・・・。ネリーのドライヤーボールは4個入りで、ヒツジのイラスト入りです。

ドライヤーボールを乾燥する時に使うと

○洋服が絡まないので乾きが早くなる→時短&節電

○洋服が絡まないのでファブリックが絡まなくなる&ふんわり仕上がる→柔軟剤を使いたくない方にも!

とてもオススメです。他メーカーのドライヤーボールのレビューですが、ちょこっとアニーのボールについても載せています。ドライヤーボールについて詳しく知りたい方はこちらでどうぞ。

使い方と原材料

■使い方

洗濯機で使用する場合は漂白剤を以下の量ご使用ください。

○少ない洗濯物の量ー大さじ1杯

○通常の洗濯物の量ー大さじ2杯

○多い洗濯物の量・汚れがひどい場合ー大さじ3杯

浸け置き手洗いの場合

色柄モノと白い洗濯物を分けてください。大さじ1杯の漂白剤を10リットルのぬるま湯や熱湯で溶かして、洗濯物を30分ほど浸け置きした後によくゆすいでください。

一般的なシミ抜き

500mlの水に大さじ1杯の漂白剤を溶かし、キッチンの床やゴミ箱など汚れを落としたい所の表面につけて掃除してください。※水洗い可能な場所のみにご使用ください。

また、シミ抜きに使用する場合は、湿布した後1分〜5分程度置いたのちにスポンジやタオルで軽く吸って、十分にゆすぎ乾かしてください。

カーペットのシミ

カーペットに付いている余分な液体をよく拭き取った後に、500mlの水に大さじ1杯の漂白剤を溶かしたものをシミ部分を覆うように使用してください。1分〜5分ほど待ち、白いタオルで拭き取ってください。汚れを落としきれない場合はこの作業を繰り返してください。その後、十分にすすぎ乾かします。乾いた後にはその部分に掃除機をかけてください。

■原材料

炭酸ナトリウム、過炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウム、第一級直鎖アルコールエトキシレート

Nellie’s All-Natural, Oxygen Brightener, Powder, 2 lbs (900 g)

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr