DSCN4448

Bio Kleen, Bac-Out Drain Care, Gel Coating Action, 32 fl oz (946 ml)

バイオクリーン、バクアウトドレインケア、ジェルコーティングアクション

お風呂、トイレ、洗面所、キッチン、全ての排水溝に使えるドレインケア。ジェルが排水溝にゆっくりとどまって、排水をスムースにしてくれます。酵素の穏やかな効き目なので、一発でガツン!ときいてくれる訳ではないので、習慣的なケアにもってこいですよ。

酵素は配水管を痛めない

DSCN4449

排水溝がキレイになると、なんといっても排水がスムースに!排水溝からたちのぼる臭いもなくなるので、必要なケアですよね。ただ、よくある排水溝クリーナーは塩素系が多いので気になっていました。塩素系を使うと、持病の喘息に悪いのと、そもそも塩素って金属を腐食してしまうのです。配水管が金属で出来ている場合は避けた方が良いのです。

このバイオクリーンのドレインケアは、酵素の力で汚れを落とし、再びぬめりなどの汚れをつきにくくするクリーナーです。排水溝も痛めないし、掃除の時にマスクをしなくても大丈夫だったのも嬉しい。排水溝にドボドボ投入しても、うしろめたくならないのも重要なポイント。

バイオクリーン独自のジェルコート

DSCN4450

見た目は透明なジェルです。こちらを排水溝にそそぐと、ゆっくりととどまりながら流れ落ちて、汚れ・油・澱粉・たんぱく質などのパイプ内壁の付着物を、酵素により分解、除去してくれます。塩素やアンモニアなど一切使用していないので、クリーナーによくあるツーンとした臭いもないし、素手で触ってしまっても問題なかったです。

日本ではあまり見かけないものですが、gabarage disposal(台所にある生ゴミの処理する排水溝みたいなもの)にも使用できるという事なので、食品を扱うところや小さなお子様がいらっしゃる家庭でも安心して使えるのではないかと思います。

こんなに人と地球に優しそうな成分なのに、きっちり仕事をしてくれるのはさすがバイオクリーン社!という感じですが、レビューにもあった通り、トイレに使ってトイレクリーナーに使われる方もいるみたい。継続的に使用しておくと、いつでも排水溝がキレイなまま保たれるので、大掃除の時にも楽なんですよ。夜、就寝前に週に1、2度ドレインケアをそそいでから寝るというキレイ習慣がついています。いつでもピカピカだよん。

使い方と成分

■使い方

ドレインケア:120mlを排水溝にそそぐ。その後数時間は排水しないでください。また、週に2回ほど繰り返してください。

ガバレージディスポーサルのメンテナンス:120mlをそそぐ。その後数時間排水しないでください。週に1度、もしくは必要に応じて使ってください。

■成分

天然酵素、柑橘類の抽出物、野菜や糖系界面活性剤と酵素。

リン酸塩、塩素、アンモニア、石油溶媒、アルコール、ブチル、グリコール・エーテル、SLSまたはSLES、EDTA、DEAは一切含まれておりません。

BIK-00114-1

 

Bio Kleen, Bac-Out Drain Care, Gel Coating Action, 32 fl oz (946 ml)

 

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr