DSCN9302

本国アメリカではとても有名であろうバーキーパーズフレンド。キッチン周りを筆頭にステンレスやタイル、アクリルなどなどの汚れやサビ、曇りを一掃してピカピカにしてくれるクレンザーです。

とても使い勝手の良いクレンザー且つ低価格というのが非常に素晴らしい。これがあれば曇り知らずの生活が送れます!

Bar Keepers Friend, Cleanser & Polish, 12 oz (340 g)

バーキーパーズフレンド、クレンザー&ポリッシュ

Bar Keepers Friendのクレンザーまとめ

1、キッチン、浴室、トイレから家の外までも磨いてピカピカになるクレンザーです。

2、低価格なので、毎日の掃除に使っても大丈夫。

3、塩素や漂白剤などは含まれていないので、通常範囲の掃除であれば手袋いらずです。

4、濡れた表面にパウダーをかけて、あまり時間をおかずに磨くだけ!

5、無臭です。

庶民派価格ながらも一流のキッチンウェアに認められる実力!

輝きを失ったステンレスのカウンターやケトル、大事な鍋、水垢の気になるお風呂まわり・・・などなど日常の掃除に簡単に+αできてピッカピカに磨くことができるのが、バーキーパーズのクレンザー&ポリッシュです。

アメリカでは長く愛されていて多くのスーパーでも見かけることができます。クレンザー&ポリッシュなので、汚れを落とし且つ磨くことのできる洗浄剤ですが、漂白剤は含まれていません。

その実力は、カルファロンやオールクラッドといったお鍋のブランドや、ELKAYやエレクトロラックスといったプロダクトブランドに、推奨クレンザーとして紹介されるほど。

是非、次の項でビフォア&アフターみてください。

DSCN9303

こちらがフタ部分。上部のシールには”トップレートであり、満足いかなければ返金します、我々をグーグルで見てみて!”などの文言が書いてあり、とてつもない自信を感じさせます。

この自信あふれるシールを剥がして使用することになります。

DSCN9304

シールをとると、7つの穴がお目見えします。逆さまにしてここから中のパウダーをふりだします。

残念なのが、フタが付属してないのです。さきほどのシールをまた貼っても良いのですが粘着力はなくなってくるし、フタを倒すと溢れる・・・。

公式によればジメジメしたところに置かなければ、劣化はしないそうです。低価格を実現するためにもフタは付属させなかった模様。

何か別の容器にうつしかえてもいいし、フタ部分を工夫すると良いと思います。絶対に倒さないならそれが簡潔にベスト!笑

DSCN9305

中身のパウダーの様子です。わりと細かなパウダーで無臭です。

中身は研磨剤と植物由来のシュウ酸などからできています。通常の掃除でしたら手袋を使用しなくても大丈夫でしたが、長時間の利用や手に傷がある場合は手袋の利用がオススメです。

バーキーパーズのポリッシュ使い方あれこれ

○台所編

ラミネートやセラミック、複合タイルなどのカウンター周りや、アクリルでできたシンクも磨くことができます。我が家でバーキーパーが一番活躍するのもキッチン周りです。

DSCN9307

こちらは我が家のキッチンのカウンタートップ、表面を軽く濡らした状態でパウダーを散布し、磨いていきます。たっぷり濡れているよりは、軽く濡れているほうが磨きやすく、仕上がりも綺麗だと思います。

DSCN9306

スポンジでこすると、少々泡立ちます。これ全然力をいれなくて大丈夫。軽くなでるようにこするだけで綺麗になります。※メラミンスポンジがあれば最強

キッチン周りでいえば、IHクッキングヒーターや同じステンレスである蛇口が感動するくらいに綺麗になりました。

特にステンレスものは、掃除していてもいつの間にか輝きがなくなってるんですよね。バーキーパーズで簡単にピカピカにする事が出来たので、ALWAYS鈍くない仕上がりにしていきたい・・・!

ビフォア&アフターをご紹介!

DSCN9309

こちらは我が家のステンレンスケトルです。柳宗里のケトルで、見た目もクラシカルでお気に入り。そして沸騰が早い。

毎日何度も紅茶を飲むたびに使用しているので、洗ってはいるものの、見た目がちょっと鈍くなってしまっています。つや消しを購入したものの、鈍くなりすぎ。というわけで磨いてみます。

普通の洗剤で軽く洗って汚れを落とした後、表面がまだ濡れている状態で粉をつけて磨きました。

そしたら・・・なんということでしょう!(磨き途中の写真をとる事を完全に忘れました)

DSCN9311

こちらは磨いてすすいだ後です。相当キレイになっています。写真より実物のほうが綺麗です。

もっと分かりやすいのがこちらのビフォアー

DSCN9310

ケトルの底部分。少々焦げが気になります。これを磨くと・・・

アフター

DSCN9313

ピカーン!!!おぉ、ここって反射するんだ・・・という発見ができたほど、ピカピカに磨けました!

キッチンがちょっと暗いので、感動的な写真がとれず残念ではありましたが、ステンレスの輝きを取り戻しています!ステンレス以外に純銀や銅の調理器具も磨くことができます。

○お風呂周り

キッチンとお風呂の洗剤は共有のものが多いですが、もちろんバーキーパーズも使えます。ファイバーコーティングやアクリル、セラミックタイルなどの浴槽を磨いたり、金属製であれば全ての蛇口に使用できます。

石鹸かすや水垢を綺麗に磨き落とせます。

○ガレージ&アウトドア

自転車のサビ落としや、金属製の工具のサビや汚れ落としにも力を発揮してくれます。

そしてびっくりなのが、スニーカーの洗浄ができること。なめらかな表面であれば擦り傷や汚れはバーキーパーズで落とせてしまいます。スニーカーの洗浄に使う場合は、まず目立たないところで試してからお使いくださいね。

また、BBQコンロも磨けるらしいのですが残念ながら持っていない・・・笑。金属製であればガーデニング用品や郵便ポストまでOK!

パウダーが340g入っていて、キッチン周りだとかなりもつのですが家中を磨きだしても安心な低価格なのが本当に嬉しい。amazonでみたら、0の数が一個多くて驚愕したものですが、iherbならワンコインでお釣りがきます。というか、為替次第ではワンコインで2つ買えます。

家中に活躍してくれるものだからこそ、こだわりながらも低価格で備えたいという気持ちにしっかり応えてくれます。

英語にはなりますが、バーキーパーズの公式サイトの中のみんなのビフォー&アフターの写真がとても面白いし参考になりますのでお時間あれば是非!

使い方と原材料

■使い方

濡れた表面上に振りかけます。濡れた布やスポンジで軽くこすります。水分を拭き取り、その後、完全に洗い流してください

■注意

目や吸入しないように気をつけてください。誤って摂取した場合は牛乳や水を飲み、病院へ。目に入った場合は水で15分間洗い流してください。アンモニアや他の漂白剤を含む化学薬品と混ぜずに使用してください。敏感肌の方が長時間使う場合は手袋を使用してください。

金、銀、アルミニウムやミラー化されている面には使用しないでください、繊細な場所に使用する場合はパッチテストをしてください。

■原材料

ミネラル研磨剤、シュウ酸、界面活性剤、水軟化剤。

Bar Keepers Friend, Cleanser & Polish, 12 oz (340 g)

 

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr